タバコが原因 -肌荒れ@情報の館-


タバコが原因


肌荒れには、外的な要因もいくつかありますが、特に顕著にその傾向が見られるものとしては、タバコがあげられます。喫煙をしていると、肌荒れが目立つようになります。それはなぜでしょう。タバコを吸うことは、なぜ肌に悪いのかというと、喫煙することによってビタミンが失われてしまうといわれているからです。肌を美しく保つのに重要だといわれているビタミンCが、顕著に失われてしまうようです。

ビタミンCは肌にとって色々な意味で重要な要素ですから、これが失われることで、シミやソバカス、顕著な肌荒れの状態を引き起こします。喫煙をしている人は、意識的にビタミンCを補充しなくてはなりません。1本吸うごとに数十rのビタミンCが失われるといいますので、かなりの本数を吸う人にとっては、ビタミンCの欠如はかなりのものになるでしょう。それが肌荒れの要因の一つです。

もう一つは、タバコを吸うことでニコチンを摂取することになり、血流が悪くなる、という作用があるということです。それもまた、肌荒れの要因になります。血流が悪くなれば、肌のターンオーバーも正常に働かなくなりますし、水分を保持することもできなくなります。それがさらに肌荒れにつながってしまいますので、喫煙している人は、肌荒れになりやすい要因をいくつも抱えているということになります。それを意識して、本数を減らしたり、喫煙自体をやめたり、ビタミンなどの補填を意識的にするなど、改善するべき点をしっかりと把握することが大切です。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ


   ★ ホルモンバランスが原因
   ★ 生活習慣の乱れが原因
   ★ ストレスが原因
   ★ 肌荒れの改善