ストレスが原因 -肌荒れ@情報の館-


ストレスが原因


肌荒れにはストレスが大きく関係しています。ストレスと一言で言ってしまうと簡単ですが、ストレスには色々な要素があります。季節や温度などの環境的な要因、仕事での不安や悲しみ、緊張などの精神的な要因、また、家庭の環境や職場環境などの社会的な要因、こうしたたくさんのものによってストレスは引き起こされているのです。

ストレスを感じると人間にはストレスホルモンが分泌されてしまいます。ストレスホルモンは、肌の免疫力を低下させてしまうという弱点がありますので、ストレスホルモンが分泌されることで肌荒れが引き起こされてしまうのです。ストレスホルモンによって、肌の新陳代謝が正常に行われなくなる、ということもあります。肌のサイクルのことをターンオーバーといいますが、このターンオーバーが正常に働かなくなってしまうのです。こうなると、古い角質がはがれなくなり、表面がガサガサになってしまったり、皮脂が過剰に分泌されてしまってにきびができてしまったり、メラニンの状態が正常ではなくなり、シミやソバカスなどが引き起こされてしまったりします。もちろん、角質のバリア機能も低下してしまうので、さらに肌の状態が悪くなってしまうことになります。気をつけなくてはなりませんね。

また、免疫力の問題だけではなく、ストレスを感じると、人間は血液の循環が悪くなることがあります。血液の循環が悪いということは肌にとってマイナス要因になりますので、肌荒れのほかにも顔色が悪くなったりします。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ


   ★ ホルモンバランスが原因
   ★ 生活習慣の乱れが原因
   ★ ストレスが原因
   ★ 肌荒れの改善