生活習慣の乱れが原因 -肌荒れ@情報の館-


生活習慣の乱れが原因


肌荒れには、生活の乱れがよくない、ということがわかりましたが、睡眠不足や食事のバランスがよくなくなることなどに加え、便秘になったりと排泄のリズムが狂うことで、さらに肌荒れは引き起こされてしまうことがありますので注意しましょう。便秘は、胃腸の中に毒素を多く溜め込んでしまうことになるわけですが、この胃腸に毒素が多くたまってしまう便秘の状態と肌の状態が、実は深く関係しているのです。

毎日のお通じをきちんとする、ということは、体のリズムを作るだけでなく、腸内をきれいに保ち、老廃物や不要なものを体外に排出する、という大きな役割があります。便秘をしたり、定期的なお通じを持たないことで、これらが体内に滞留してしまうと、自律神経に影響が出て、皮膚の血行が悪くなるのです。皮膚の血行が悪くなることは、肌の新陳代謝にとってもよくないことですから、肌の状態が悪くなってしまうのです。

また、老廃物が体内に多くためられていることで、有害物質がたくさん発生します。これは、腸内の血管から吸収されて血液の中に入り込み、浄化されないと全身に回ることになってしまいます。この有害物質が体を回ることによって、にきびができてしまったり、肌荒れの原因になったりするのです。自律神経も狂わせてしまいますので、さらに状態が悪くなることはもちろんですが、肌荒れだけではなく、便秘は色々な意味で体にとっていいことはありません。慢性的な便秘に悩んでいる、という人の中には、にきびや肌荒れなどにずっと悩んでいる、という人も多いでしょう。ぜひ、肌荒れという観点からも、便秘は解消し、規則的なお通じを心がけるようにしましょう。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ


   ★ ホルモンバランスが原因
   ★ 生活習慣の乱れが原因
   ★ ストレスが原因
   ★ 肌荒れの改善