睡眠不足が原因 -肌荒れ@情報の館-


睡眠不足が原因


肌荒れは、生活が乱れて起こることもあります。肌はとても敏感なので、生活が乱れて体内のリズムが狂うことで、肌荒れを引き起こしてしまうのです。実は、毎日の生活の中で、睡眠は肌の状態には大きく関係している要因であるといわれています。寝不足が続いてしまうと、にきびができたり、かさかさしてしまったり、と肌荒れを引き起こすことが多いのです。仕事などをしていると、どうしても睡眠がしっかりと取れないときもありますが、短くてもいい睡眠を取ることで、できるだけ肌荒れを引き起こさないようにしたいですね。

まず、メイクはしっかりと落としてから寝るようにしましょう。一日メイクを落とさないで寝ると、肌の老化が一週間早まるといわれています。メイクで毛穴をふさいでしまうことのないように、いらない汚れや余分な皮脂は、クリアにしてから寝るようにしましょう。睡眠が肌にとって大切なのは、肌細胞が寝ている間に生まれ変わっているからです。最低でも6時間の睡眠を確保することで、この肌の新陳代謝を正常に行うことができるといわれています。

また、良質の睡眠ということが言われていますが、肌にとって大切なことは、コアタイムといわれる時間にしっかりと寝ていることです。これは22時から2時の間を指していますが、短くてもこの時間にしっかりと寝ている人は、肌細胞の新陳代謝は正常に行われているようです。なかなか長い睡眠が取れなくても、この時間にしっかりと寝るようにすることで、肌荒れはある程度防ぐことができます。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ


   ★ ホルモンバランスが原因
   ★ 生活習慣の乱れが原因
   ★ ストレスが原因
   ★ 肌荒れの改善