ホルモンバランスが原因 -肌荒れ@情報の館-


ホルモンバランスが原因


肌荒れには、女性ならではのホルモンのバランスや、整理の周期が関係していることがあります。次はその内容を見ていきましょう。女性の体は月経の周期と大きく関係しています。ホルモンの状態がこの周期によって変化するので、この周期の移り変わりによって肌荒れを引き起こすことがあるのです。月経の周期に従って肌荒れとの関係を見ていくならば、一番気にしなくてはならないのは、直前の生理から2週間程度たった頃です。

この時期は、排卵期ですが、排卵後になると、皮脂の分泌が盛んになります。それにより、にきびができたり、肌荒れを起こしたりすることがあります。また、その後、生理前10日程度になると、他の不快な症状も多い時期ですから、にきびや肌荒れだけではなく、頭痛、イライラ、むくみ、など、色々な症状が出てくることになります。この時期になると、普通は大丈夫なのに、化粧品にかぶれを起こしたり、乗りが悪いと感じてしまったりします。また、日焼けしやすい時期とも言われており、シミに気をつけなくてはならない時期でもあるので、そういう意味での肌トラブル、肌荒れを引き起こすこともあります。

さらに、生理の時期は、女性ホルモンの分泌が減ります。この時期、血行不良になりがちなので、手足が冷えるなどの症状が見られ、肌荒れもこれによって起こりやすくなります。この内容にはもちろん個人差がありますが、自分の体のリズムをつかむと、月経の周期に連動していることがわかる場合が多いです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ


   ★ ホルモンバランスが原因
   ★ 生活習慣の乱れが原因
   ★ ストレスが原因
   ★ 肌荒れの改善