化粧品が原因 -肌荒れ@情報の館-


化粧品が原因


肌荒れの色々な要因を見ていくことにしましょう。まず、肌荒れで多いのが、化粧品が原因で荒れてしまった、というケースです。なぜ化粧品が肌荒れを引き起こすことがあるのでしょうか。化粧品には、界面活性剤が含まれていることがほとんどです。これは化粧水や乳液、クリーム、メイク落とし、洗顔フォームなど、さまざまなものに含まれているのですが、原材料に石油を使っています。なにかをクリーム状にしたり、油分を分解させて汚れを落とすための成分を作り出すために、この界面活性剤を使うのですが、これが皮膚にはよくない場合が多いのです。

皮膚が弱い人にとってはこれがかなりの負担になることがあるようです。例えば洗顔フォームなども、その洗浄力は高いのですが、皮膚にはかなりの刺激になってしまいます。皮膚に兼ね備わっているバリア機能を破壊してしまうこともありますから、気をつけないと肌荒れだけではなく、乾燥してしまったり、シミやシワの原因にもなるといわれているのです。

ですから、例えば洗顔フォームを使うのであっても、適量を使うこと、そしてきちんと泡立てて使うこと、さらによくすすぎ、成分を肌に残さないことが大切です。すすぎ残しはかぶれの原因になることもありますし、肌にとって必要な皮脂まで全部取ってしまうことにもなりますので、使い方についてはきちんと考えて使うようにしましょう。また、肌荒れなどが起こって合わないと感じたときには、すぐに使用を中止することも大切です。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ


   ★ ホルモンバランスが原因
   ★ 生活習慣の乱れが原因
   ★ ストレスが原因
   ★ 肌荒れの改善